ダイエットで女子中学生が短期間で痩せる方法とは!?

痩せたいから食べない!というダイエット方法は中学生にはよくないって分かっていても、早く痩せたいならお弁当を食べずにおこうとか、仮病を使って夕食抜きにしようか・・・、バレたら親に怒られるし。

 

親目線からいうと、子供は部活だとかで忙しくあまり気にしてない様子だけど、かなり太ってきてるけど本人には言いたくないということもありますね。

 

中学生の女子生徒が痩せたいといっても、理由はもちろん様々です。

 

  • 好きな人に振り向いて欲しいから跡3キロ痩せたい
  • 痩せてるほうが可愛いし!
  • デブキャラとしていじられたくない。10キロ痩せたい!
  • 男子にも豚って言われた(泣
  • 完全に肥満。ただただ痩せたい

 

どんな理由であっても、160cmで100キロ超えなど、生命にかかわるほどの肥満でなければ中学生のダイエットには食事制限は必要ありません。(食べすぎは禁物よ。)

 

なぜなら、身体で成長している部分があるから、そこにエネルギー(カロリー)が使われるため=肥満にはなりにくいからです。

 

女子中学生におすすめの短期間で痩せるダイエット方法

 

余計な脂肪がつきにくくなる!ダイエット茶を毎日飲みましょう

 

 

重合カテキンが豊富に含まれていて、食事、お菓子の脂肪分・糖分が腸内で分解され吸収させにくくする抑制効果があります。普通のカテキンよりもダイエット効果が高いです。個人差がありますが、便秘にも効果がありますよ。

 

⇒ ダイエットプーアール茶 公式サイトへ

 

食事に低カロリーな食品を取り入れる

 

抑えられない食欲を我慢するとストレスで逆に太ってしまうこともあります。食事を始めるときに最初に食物繊維の多いものを食べるようにすると満腹中枢が速く反応するので食事の量を少なくできます。

 

 

しいたけなどのキノコ類は低カロリーで食物繊維が多いのでおすすめ。レタス、キャベツなどの葉物野菜も咀嚼回数が増えるのでいいですね。

 

 

こんにゃくは薄味のキンピラにすると毎食でも少量づつ食べられます。しらたき、糸こんにゃくは大量に長いまま食べると腸ねん転の危険性もあるので、短くカットして調理しましょう。

 

食事を作るのが大変・・・なら、上記で紹介したようなダイエット茶に食物繊維のパウダーを溶かして飲んでもOKですよ。

 

【大容量】毎日たっぷりとれるイージーファイバー パウチタイプ 食物繊維で自然なリズム 280g

 

食物繊維(難消化デキストリン、イヌリンなど)をいろいろ試して、一番溶けやすく、臭いがないのがイージーファイバーでした。小袋タイプもあるので持ち運びもできます。

 

ホルモンバランスが悪い感じがするなら

 

女子中学生のぽっちゃり体系でやっかいなのが、ホルモンバランスです。生理前にイライラしたり、攻撃的になる、生理痛や頭痛がひどい、血圧異常や貧血にもなるという場合。

 

重症の場合はもちろん病院へ行くのが一番重要な対処法ですが、そこまで悪くもないけど、食べている量に比べて明らかに太りやすい体質だと、ホルモンバランスが悪いこともあります。

 

こういったトラブルには漢方薬は早く効きますし、安全です。ちゃんと毎日飲めば3週間程度でなにか変化があることが多いです。おすすめの漢方薬は、温経湯、当帰芍薬散があります。またサプリとしてドラッグストアなどでも販売されいます。

 

【第2類医薬品】ロート温経湯錠 84錠

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒 64包

 

ホルモンバランスの悪い時には、不眠、手湿疹(主婦湿疹)が症状として出ることもあります。手湿疹には温経湯が効果があります。

 

また、定番ですが大豆製品を食べるのもホルモンバランスにはいい影響があります。食べすぎには注意が必要ですが、普通に豆腐や納豆だけで生活しない場合は心配はいりません。

 

逆にイソフラボンサプリは手軽に大豆成分が摂取できるのですが、ヨーロッパでは副作用の報告もあるのでサプリでは摂らないほうがいいでしょう。

 

便秘解消も予防対策をしっかりしましょう

 

太る原因の1つに便秘があります。痩せるため、太りにくい体質になるためには毎日の排便、せめて1週間に6回は排便していきたいところです。デトックスできるのでニキビにも好影響します。

 

女性の便秘はホルモンバランスの影響によるところが大きいです。便秘になる女子中学生は多いのですが、中学生なら運動不足、筋肉不足ではないでしょうからやはり女性ホルモンの影響と考えられます。

 

太る、太らない以前に便秘は健康に良くないことは知られています。また、便秘が続いてから下剤を飲んでも効果が遅かったり、腹痛だけ起こって便意が来なかったりと辛い思いをすることになります。

 

まず、便秘にならないように毎日、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維を摂るようにしましょう。食物繊維は食事でも多く摂れるので、あまりサプリやパウダーで多量摂取すると痔になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

乳酸菌やオリゴ糖は多めにとっても、軟便になるくらいなので特に問題はありません。おすすめの乳酸菌サプリ、オリゴ糖を紹介しておきますね。

 

 

⇒ 乳酸菌革命 公式サイトへ

 

 

⇒ はぐくみオリゴ 公式サイトへ

 

たったこれだけのことですが、毎日続けると1か月でも大きく違ってきます。もしも、学校が家の目の前で、帰宅部。体育の時間以外はジーっとしているというなら運動を取り入れると早く効果が出るでしょう。

 

1か月なんて待てない!と思っていろんなダイエット方法を検索し、探し回って。。。気づけば1キロも痩せられずに1か月過ぎているということにならないように。コツコツとダイエットに取り組むことが重要です。

 

ダイエット成功の基本的な方法

 

ダイエットの基本は男女共に基本になります。ですから、その点においては特に小難しいことはないのですが、それすら知らないので単純に食べないと言うダイエットをする人は多いです。特に女子中学生あたりのお年頃は体重が気になることでしょうから、正しくダイエットをするようにして、美しく身体を引き締めることを目指すようにしましょう。それは決して原理としては難しいことではなく、計画的にやれば誰でも出来ますから挑戦してみましょう。

 

女子中学生、女子高生という年頃は特に、スタイルや体重などにおいてとても気になる部分が多くなってくることでしょう。ダイエットをしたことがないという女性は少ないです。成功するかどうかはともかくとしてやったという人は多いでしょう。男であれ女であれダイエットのアプローチはふたつのみです。一つは摂取カロリーを減らすことであり、もう一つは消費カロリーを増やすことです。要するに食べる量を減らす、動く量を増やす、ということがまさに基本的なアプローチ方法になります。片方だけでもよいですし、両方やることもより効果的になります。

 

短期間で痩せようという時にはそもそも短期間とはどのくらいであるのかということから考えてみましょう。基本は半年くらいです。最低でもそのくらいは覚悟しておくことです。一週間、二週間というのは相当に厳しいです。それは健康的な痩せ方ではありませんから、注意することです。日々の生活の中で少しでもカロリーを減らしたり、脂肪を減らす工夫というのはする形があるといえるでしょう。お茶などは効果的です。清涼飲料水などではなく、お茶にすることです。ダイエット系のお茶といいますとプーアル茶になります。これは脂肪を減らす効果がありますから、これを日々、飲むお茶にすることでダイエットの効果を促進させることができるでしょう。

 

さすがに成長期になりますから過度な食事制限におけるダイエットというのはお勧めできることではないです。特に女子中学生などになりますと生理の時すでに始まっている人がほとんどでしょうからそれが不順になったりすることがありますので注意しておきましょう。バリ島問題になったりすることが多いのがダイエットによる体調不良であり、女性の場合の生理不順になります。どんなダイエットしてもそうなるのかといえばそうではなく健康的に痩せていくことによってそうした体調不良は避けることができるのですから、まずはそこを意識してダイエット計画を立てるようにした方が良いでしょう。

 

ダイエット中の食事 注意点とポイント
ダイエット系の食事としてあるのが果物になります。甘みがありますから割と空腹感から開放されることになりますし、そこそこの量を食べてもそんなにカロリーが高いわけではないんです。脂質に関してはほぼありませんから、太るという事に関してはかなり避けることができる食べ物であると言えるでしょう。加えて、前述もしていますがお茶もよいです。コーラとかオレンジジュースなどというのはどうしてもカロリーが高いことになりますから飲むのは避けた方が良いでしょう。ダイエット茶と言うのがありますから、これはどんどん飲んでみることです。最近では特定保健用食品として脂肪の減少を助けるというようなお茶もあったりしますので多少こういうものは高価になってしまうのですが、それなりに期待できるような飲み物になりますので飲むように心がけましょう。

 

女子中学生のダイエットの注意手
まだまだ成長期である女子中学生のダイエットというのはしてはいけないとは言いませんがあくまで計画的にゆっくりとした方法で行うようにした方が良いでしょう。短期間で、ということが期待できるものもいくつかありますが、脂肪を減らし体重を減らすということも大事なのですが考え方として筋肉量を増やすことによって体を引き締めるということもできるわけですからそちらの方を狙うべきでしょう。筋肉量が増えるということは体重が増えるということでもありますから、重さと言う意味においては痩せてないと思うかもしれませんが、大事なのは体脂肪であるというのですからそちらを測れるような機械を購入しておくと何かとダイエット計画に役に立つことでしょう。できるだけ無理のないダイエット計画することによって生理不順などからも逃れることができるので極端なダイエットというのは避けるべきでしょうが、計画的であればそれは健康的に痩せることができるようになります。"